コンテンツ一覧

子供に関わるお仕事

保育園

今必要とされている職業

保育士は2年以上の短期大学や大学を卒業し、国家試験に合格すれば名乗ることができます。最近は保育園だけでなく、認定こども園やキッズスペースなど民間企業の中でも需要が高まっています。そのため、保育士の採用は活発になっており、保育士免許を持っていれば保育士の経験がなくても就職することができます。フルタイムの保育士だけでなく、時短やアルバイトなどでも採用は行っていますのでライフスタイルに合わせて仕事ができるようになりました。採用されるには、求人サイトで保育士で検索して求人を探して応募します。そこで保育士の経験があれば経験を書いておくとよいです。保育士の経験がない場合は未経験歓迎の仕事を探すとよいでしょう。子供にかかわった経験があれば、そのことを書くとよいアピールになりますので面接のときに話すと採用される確率があがりますよ。子供が好きで、子育て経験がある人も歓迎されるお仕事ですので、子育てが落ち着いたママの採用の取り組みもあります。ひと昔前は若い人が多い仕事でしたが、最近は多様に採用されているのであきらめずにチャレンジしてみてください。保育士経験が5年以上ある場合は発達障害の施設の責任者になることもできますので、一度興味があれば検索してみるとよいでしょう。保育士を使ってスキルアップができるので、まずは経験を積んで責任者になるという道もあります。眠らせている資格で仕事を探してみるのもよいでしょう。

Copyright© 2017 秘書に採用されたいなら必読|スキルアップをするいろは All Rights Reserved.