コンテンツ一覧

ブランクのある方も雇用

子供と男女

面接を重視する

保育士は未就学の小さな子ども関わる人気資格の1つであり、全国各地で募集を行っています。雇用の形態も様々で、正職員の募集の他にも臨時職員やパートなどの採用を募集しており結婚や出産でブランクのある方でも働きやすい職場です。採用条件は、保育士の資格を所有していることであり前職が保育士でなくても採用されるため、職務経歴と関係なく応募をすることが可能です。このため、結婚後に保育士の資格を取得してパートや臨時職員として働いている方も多く、長く働ける資格として人気となっています。話し方や雰囲気が小さな子どもと接しやすい方が採用されやすく、面接を重視している特徴があります。また、保育士の仕事内容はピアノで簡単な曲を弾いて子どもと一緒に歌ったり、絵本を読んで聴かせたりするなども仕事の内容の1つであるため、面接時にこれらの実技試験を受けることになっても対応できるように練習しておくと安心です。作文試験を行うことも多く、児童の教育についての考え方なども問われる内容に文章でも答えられるように対策を行っておくと採用試験に受かりやすくなります。保育施設には認定されている保育園や幼稚園のほかにも認定こども園が挙げられ、幼稚園と保育園の両方の良い仕組みを取り入れた新しい保育施設として注目されており、保育士の採用も行なっています。認定こども園では、幼稚園教諭の資格と保育士の資格を両方取得している方の採用も行なっており、これらの資格を併有している方からも人気です。

Copyright© 2017 秘書に採用されたいなら必読|スキルアップをするいろは All Rights Reserved.